色々な国で

ソーラーパネルの側面

太陽光というエネルギーは『不安定エネルギー』です。そのため、蓄電を出来ると太陽光を安定したエネルギーに出来ます。安定したエネルギーに出来ると、電力会社が作る電力を減らすことができ火力発電等の二酸化炭素を排出する発電が減り地球環境にとても良いのです。今現在の日本では、火力発電が多く使われているのが現状でCO2が多く排出さているので、太陽光が安定したエネルギーとして出来ればいいのです。今の科学は、蓄電池に重点を置いている所も多いです。大容量な蓄電池を開発すれば売れるのです。家庭用サイズではなく大型のものを開発すれば売れるので盛んにおこなわれています。ぜひとも、早く開発をしてほしいものです。その、開発を世界全体でやっていってほしいと思います。

太陽光を使うには、ソーラーパネルが必要です。そして、ソーラーパネルに光を当てるには晴れている必要性があります。晴れていなければ、発電をできません。1年中晴れている、場所が世界中のどこかにあれば、安定した発電を出来ます。しかし、そんな夢のような場所は無く、世界のどこを探しても1年中いつも光が来ている場所など、地球上にはないのです。そのために、夜の間も発電できる装置も必要です。そのため、太陽光というエネルギーはとても不安定です。世界の発電技術ではとても注目されていますが、安定した発電が見込めません。採用しても、利益が見込めないこともあります。是非とも、安定した発電、蓄電装置の開発をお願いします。低価で高品質が日本の特技です。言いものを作ってほしいと思います。